味の素グループ年表

1907(明治40年) 池田菊苗教授、昆布より「うま味」を取出す研究開始

鈴木三郎助、合資会社鈴木製薬所設立(5月)

池田菊苗
  • フランスで世界初のヘリコプターの飛行成功
1908(明治41年) 池田教授「グルタミン酸塩を主要成分とせる調味料製造法」の特許取得(7月)

鈴木三郎助、上記特許の権利を池田教授と共有(9月)

鈴木三郎助、内務省東京衛生試験所より「味の素」の衛生上無害証明を受ける(10月)

「味の素」の美人印商標登録(11月)

逗子工場にて「味の素」製造開始(12月)

特許証

登録商標「美人印」
  • T型フォード発売
  • 第1回ブラジル移民
1909(明治42年) 第1回発明品博覧会にて「味の素」が銅牌受賞(4月)

5月20日、「味の素」一般販売開始(瓶入り3品種)

「味の素」本舗事務所


発売当時の「味の素」
  • 高峰譲吉、タカジアスターゼの特許を取得
  • 森永チョコレート発売
1910(明治43年) 台湾に特約店設置(5月)

朝鮮に特約店設置(8月)
  • 鈴木梅太郎、ビタミンB1発見
1912(明治45年
/大正元年)
小麦澱粉発売(紡績会社向け)(9月)
  • 大正と改元(7月30日)
1913(大正2年) 池田教授の弟子小玉新太郎、鰹節のうま味がイノシン酸であることを発見
小玉新太郎
  • 日本の人口2,500万人突破
1914(大正3年) 川崎工場設置(9月)

中国に特約店設置(9月)

川崎工場
  • 第1次世界大戦、勃発
  • パナマ運河開通
1917(大正6年) 東京・大島工場設置(2月)(1919年閉鎖)

(株)鈴木商店(現、味の素社)設立(6月)

北海道・浜中工場設置(7月)(1921年閉鎖)

ニューヨーク事務所開設(7月)(1941年閉鎖)
  • ロシア革命、ソビエト政権樹立
1918(大正7年) 上海出張所開設(2月)(1945年閉鎖)
  • 米騒動が全国に広がる
  • 第1次世界大戦、終結
1920(大正9年) ニューヨークに鈴木商店設立(6月)
  • 国際連盟が発足
  • 日本の人口5,500万人突破
1923(大正12年) 上記「味の素」特許の期限6ヵ年延長許可される(7月)

関東大震災により本店社屋焼失,川崎工場全壊(9月)

大震災後の仮本店
  • 関東大震災発生
1926(大正15年
/昭和元年)
米国にラロー鈴木社設立(5月)(1936年解散)
  • 昭和と改元(12月25日)
1927(昭和2年) シンガポール事務所開設(6月)(1938年閉鎖)

香港事務所開設(10月)(1937年閉鎖)
  • 浅草・上野間で初の地下鉄開通
1928(昭和3年) 昭和肥料(株)(現、昭和電工(株))設立(10月)
  • 京浜電鉄大師線「味の素前」停留所設置
1929(昭和4年) 台湾事務所開設(2月)(1945年閉鎖)
  • 世界大恐慌
1931(昭和6年) 過去6年間で5度の値下げ(4月)

朝鮮事務所開設(8月)(1943年閉鎖)

大連事務所開設(11月)(1945年閉鎖)

朝鮮事務所
  • 満州事変起こる
1932(昭和7年) 社名を味の素本舗株式会社鈴木商店と改称(10月)
  • 満州国、建国宣言
1933(昭和8年) ハルビン事務所開設(7月)(1942年閉鎖)

奉天事務所開設(12月)(1943年閉鎖)
  • 日本、国際連盟脱退
1934(昭和9年) 天津事務所開設(6月)(1945年閉鎖)

昭和酒造(株)(現、メルシャン(株))設立(12月)

天津事務所
  • ヒトラー、ドイツ総統に
1935(昭和10年) 中国に天津工業社設立(3月)(1945年接収)

宝製油(株)設立(3月)(後、味の素社吸収)

宝製薬(株)(現、味の素ヘルシーサプライ(株))設立(5月)
1939(昭和14年) 宝製油(株)横浜工場(現、Jオイルミルズ社横浜工場)設置(3月)

満州農産化学工業社設立(6月)(1945年接収)

上海味の素社設立(9月)(1945年売却)

満州農産化学工業社
  • ドイツ、ポーランド侵攻。第2次世界大戦勃発
1940(昭和15年) 社名を鈴木食料工業株式会社と改称(12月)
  • 日独伊三国同盟調印
1943(昭和18年) 社名を大日本化学工業株式会社と改称(5月)

佐賀工場(現、九州事業所)設置(12月)

佐賀工場
1946(昭和21年) 社名を味の素株式会社と改称(2月)
  • 新憲法公布(47年5月施行)
1947(昭和22年) 戦後初めて「味の素」を輸出(1月)
「味の素」の輸出再開
  • 食品衛生法施行
1949(昭和24年) 株式上場(5月)
1950(昭和25年) 「味の素」国内販売の統制が外れ、自由販売開始(8月)
  • 朝鮮戦争勃発
1951(昭和26年) ロサンゼルス事務所再開(9月)
  • 民間ラジオ放送開始
1954(昭和29年) サンパウロ・パリ・バンコク・シンガポール・香港に事務所設置(11月)
  • ビキニで水爆実験
1956(昭和31年) 「必須アミノ酸結晶」(輸液原料)発売(1月)

ニューヨーク味の素社(現、アメリカ味の素社)設立(7月)

ブラジル味の素社(現、味の素インテルアメリカーナ社)設立(8月)

川崎に中央研究所設置(12月)

中央研究所
  • 日本、国連加盟
1958(昭和33年) 日本コンソメ(株)(現、クノール食品(株))設立(1月)

ユニオンケミカルズ社(現、フィリピン味の素社)設立(5月)

設立時の日本コンソメ社


設立時のユニオンケミカルズ社
  • 一万円札発行
  • 「チキンラーメン」発売
1960(昭和35年) タイ味の素社設立(3月)

「アジシオ」発売(10月)

設立時のタイ味の素社の工場


発売当時の「アジシオ」
  • カラーテレビの本放送開始
1961(昭和36年) 日本アミノ飼料(株)(現、伊藤忠飼料(株))設立(2月)


四日市工場(現、東海事業所)設置(3月)

マラヤ味の素社設立(現、マレーシア味の素社)(7月)

ドイツ味の素社設立(10月)

竣工時の四日市工場


設立時のマラヤ味の素社の工場
  • 有人宇宙船、地球1周
1962(昭和37年) 「ハイ・ミー」発売(11月)


発売当時の「ハイ・ミー」
  • キューバ危機
1963(昭和38年) 「ケロッグ」コーンフレーク発売(米国ケロッグ社との提携により)(5月)

イタリアにて味の素インスッド社設立(6月)(1977年、解散)

発売当時の「ケロッグ」コーンフレーク


設立時の味の素インスッド社の工場
1964(昭和39年) 「クノールスープ」発売(米国CP社との提携により)(1月)

発売当時の「クノールスープ」
  • 東海道新幹線開業
  • 東京オリンピック開催
1965(昭和40年) 飼料用リジン発売(9月)
1968(昭和43年) 東洋製油(株)(現、Jオイルミルズ社千葉工場)設立(2月)

ペルー味の素社設立(2月)

「味の素KKのマヨネーズ」発売(米国CP社との提携により)(3月)

東洋製油社


設立時のペルー味の素社の工場


発売当時の「味の素KKのマヨネーズ」
  • 消費者保護基本法公布
1969(昭和44年) インドネシア味の素社設立(7月)

オルニー報告、発表(10月)

設立時のインドネシア味の素社
  • アポロ11号、月面着陸成功
1970(昭和45年) 「味の素KKのほんだし」(かつお風味)発売(11月)
発売当時の「味の素KKのほんだし」
  • 大阪万博EXPO70開催
1972(昭和47年) ブラジルのミョージョーアリメントス社(現、日清味の素アリメントス社)へ出資(2月)

「味の素KKの冷凍食品」発売(3月)

「アミソフト」発売(10月)

発売当時の冷凍食品「味の素KKのギョーザ」


「アミソフト」(アミノ酸系界面活性剤)
  • 沖縄返還
1973(昭和48年) シンガポール味の素社設立(7月)

味の素ゼネラルフーヅ製品の総発売元となる(米国GF社との提携により)(9月)

「クノールカップスープ」発売(10月)

タイのワンタイフーズ社に出資(12月)

発売当時のコーヒー製品


発売当時の「クノールカップスープ」


タイ・ワンタイフーズ社製品「タイヤムヤム」
  • 円、変動相場制に移行
  • 第1次オイルショック
1974(昭和49年) フランスにユーロリジン社(現、味の素ユーロリジン社)設立(8月)
1975(昭和50年) AGF「マキシム」(フリーズドライ・インスタントコーヒー)発売(3月)
  • ベトナム戦争終結
1977(昭和52年) 「味の素KKの中華あじ」発売(5月)
発売当時の「味の素KKの中華あじ」
1978(昭和53年) 中華合わせ調味料「Cook Do」発売(5月)
発売当時の「Cook Do」
1979(昭和54年) アミノ酸入り栄養飲料「アルギンZ」発売(5月)

タイにて「ROSDEE」発売(11月)

発売当時の「アルギンZ」


「ROSDEE」(チキン味)
  • 第2次オイルショック
1980(昭和55年) 「味の素ダノン」製品発売(仏、ダノン社との提携により)(10月)
味の素ダノン製品「フレッシュチーズ」
  • イラン・イラク戦争
1981(昭和56年) 「エレンタール」(成分栄養剤)発売(9月)
エレンタール
1982(昭和57年) アスパルテーム、アメリカ輸出開始(3月)
  • フォークランド紛争
1983(昭和58年) ニュートラスイート社(現、欧州味の素甘味料社)設立(10月)
  • 厚生省、食品添加物11品目の使用を認可
1984(昭和59年) 甘味料「Pal Sweet 1/60」発売(2月)

アメリカにてハートランドリジン社(現、味の素ハートランド社)設立(10月)

「Pal Sweet 1/60」
  • 日本人の平均寿命、世界一に
1986(昭和61年) レンチナン(抗悪性腫瘍剤)発売(4月)
  • 男女雇用機会均等法施行
1987(昭和62年) インドネシアにアジネックスインターナショナル社設立(6月)

鹿島工場設置(10月)(2002年3月閉鎖)

アジネックスインターナショナル社の工場
1988(昭和63年) ブラジルで「Sazon」発売(8月)

「瀬戸のほんじお」発売(10月)
  • 青函トンネル開通
1989(昭和64年
/平成元年)
財団法人味の素食の文化センター設立(4月)

ベルギーのオムニケム社に出資(現、味の素オムニケム社)(10月)
  • 平成と改元(1月8日)
  • ベルリンの壁崩壊
  • 日本で消費税導入
1990(平成2年) 味の素システムテクノ(株)設立(1月)

タイ味の素冷凍食品社設立(9月)

カルピス食品工業(株)(現、カルピス(株))と提携

タイ味の素冷凍食品社


カルピス社製品「カルピスウォーター」
  • 統一ドイツ誕生
1991(平成3年) B&W-Vietnam社(現、ベトナム味の素社)設立(2月)

ウエストアフリカンシーズニング社設立(ナイジェリア)(5月)

フランスにユーロ・アスパルテーム社(現、欧州味の素甘味料社)設立(11月)

設立時のB&W-Vietnam社
  • 湾岸戦争勃発
  • ソ連崩壊
1992(平成4年) 酵素製剤「アクティバ」発売(10月)
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争
1993(平成5年) 缶コーヒー「Birdy」タイにて発売(5月)
缶コーヒー「Birdy(バーディー)
1994(平成6年) 味の素カルピスビバレッジ インドネシア社設立(7月)

川化味の素社設立(10月)

川化味の素社
1995(平成7年) 「アミノバイタル」プロ発売 (3月)

味の素ベタグロ冷凍食品社設立(5月)

連雲港味の素如意食品社設立(12月)

発売当時の「アミノバイタル」
  • 阪神・淡路大震災発生
  • 地下鉄サリン事件
1996(平成8年) 中国味の素社設立(12月)
  • ペルー日本大使公邸人質事件
1997(平成9年) 「Jino」化粧品、新発売(2月)

味の素蓮花アミノ酸社(現、河南味の素アミノ酸社)設立(3月)

品質保証システム「ASQUA」導入(10月)

発売当時の「Jino(ジーノ)」化粧品
  • 香港、中国に返還
1998(平成10年) 味の素-ジェネチカ・リサーチ・インスティテュート社設立(12月)
味の素-ジェネチカ・リサーチ・インスティテュート社
  • 長野冬季オリンピック開催
1999(平成11年)

コーポレートロゴ設定(4月)

(株)味の素コミュニケーションズ設立(4月)


味の素ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ社設立(9月)

ポーランド味の素社設立(10月)

味の素ファルマ(株)設立(12月)


1999年制定のコーポレートロゴ


ポーランド味の素社
  • ユーロ、11ヶ国で導入
2000(平成12年) 「Ajinomoto Group Principles」を策定(4月)

味の素冷凍食品(株)設立(冷凍食品事業の分社化)(10月)

連雲港味の素冷凍食品社設立(11月)
2001(平成13年) 上海ハウス味の素食品社設立(10月)
レトルトカレー「ウェイ・ドゥ・ドゥ」
  • 9.11米国同時多発テロ事件
2002(平成14年) 上海味の素調味料社を設立(8月)
  • 食品偽装事件
2003(平成15年) (株)ギャバン朝岡(現、(株)ギャバン)に出資(2月)

「味の素スタジアム」オープン(ネーミング・ライツ取得は2002年4月)(3月)

(株)J-オイルミルズ設立(4月)

インド味の素社設立(10月)

フランスに欧州味の素食品社を設立(10月)

欧州味の素食品社
  • SARS感染
2004(平成16年) 上海ハウス食品社設立(1月)

アモイ味の素ライフ如意食品社設立(中国)(4月)

ロシア味の素社設立(6月)

味の素グループ高輪研修センター、および「食とくらしの小さな博物館」オープン

上海ハウス食品社の工場


設立時のロシア味の素社
  • スマトラ沖地震、津波
2005(平成17年) 味の素メディカ(株)設立(4月)
2006(平成18年) アモイ・フード社とコンビニエンス・フーズ・インターナショナル社をダノングループより取得(1月)

台湾味の素社設立(2月)

ギャバン社を子会社化(5月)

ギャバン社のスパイス
2007(平成19年) ヤマキ(株)と資本・業務提携契約を締結(2月)

株式交換により、カルピス社を完全子会社化(10月)

カルピス社「LacLac」
2008(平成20年) 食品技術開発センター設立(4月)
2009(平成21年) タイ味の素社、カンペンペット工場にバイオマスボイラー導入。CO2削減目指す(3月)

東京に「味の素ナショナルトレーニングセンター」オープン。日本オリンピック委員会とネーミング・ライツ取得で合意(5月)

もみ殻を使用して稼動するバイオマスボイラー(カンペンペット工場)


重油などの代わりに燃料として使用しているもみ殻
2010(平成22年) スローガン「おいしさ、そして、いのちへ。」導入(4月)

味の素製薬(株)設立(4月)

創業100周年を機に社章、社旗、社員章更新(4月)
2011(平成23年) 東日本大震災対応として義援金2億円及び1.3億円相当の味の素グループ商品提供(3月)

イスタンブール味の素食品販売有限会社設立(7月)

バングラディシュ味の素(株)設立(9月)

味の素アニマル・ニュートリション・グループ(株)設立(9月)

エジプト味の素食品(株)設立(10月)
2012(平成24年) 「食と健康」国際協力支援プログラムに、新たにカンボジアなどで6つのプロジェクトへの支援開始

東日本大震災支援として、「心と体の健康づくり」を支援する「健康・栄養セミナー」を昨年から継続し、累計234回に。2013年も継続。

味の素KK「鍋キューブ」発売(8月)

韓国に味の素ジェネクシン社設立(動物細胞用培地の生産・販売)(11月)