理念・経営ビジョン

おいしさの素、「うま味」の発見を起点に創業して104年。今では、食やアミノ酸、バイオ・ファイン、医薬・健康など、いのちに深くかかわるさまざまな分野でグローバルに事業を展開しています。私たちは、事業を通じて、21世紀の人類社会の課題解決に貢献していきます。

取締役社長 最高経営責任者 伊藤 雅俊

味の素グループ理念

私たちは地球的な視野にたち、"食"と"健康"そして、"いのち"のために働き、明日のよりよい生活に貢献します。

味の素グループWay

Create New value 新しい価値の創造

独自性のある技術とサイエンスに基づき、新しい発想と継続的革新で価値を創造します。
(技術に裏打ちされた商品価値の創造、新しい食生活の提案)

Pioneer Spirit 開拓者精神

新しい事業、新市場の開拓に常に挑戦し続けます。
(現場レベルの粘り強い知恵と努力の積み重ね)
(地域文化や市場に適合した市場創造)

Social Contribution 社会への貢献

常に謙虚で誠実な態度で社会の要請を受け止め、事業活動を通じた社会的な価値の最大化を目指します。
(社会的課題の解決)(地球環境の改善)(安全と安心) (信頼されるものづくり)(公正、公平、透明、簡素)

Value People 人を大切にする

味の素グループの事業に参加する全ての人の人間性を尊重し、その人が成長し、能力を最大に発揮できる集団になります。
(活躍の場の提供)(育成・支援・フォロー)(公正な評価)(チームワーク)

味の素グループ行動規範

総則

趣旨

「味の素グループ行動規範」(以下「行動規範」という。)は、「味の素グループWay」に則り、「味の素グループ理念」を実現するために、私たち一人ひとりが日々理解し実践すべき行動のありかたをしめしたものです。同時に、誠実に遵守することをすべてのステークホルダーに約束するものでもあります。

基本的な姿勢

  • 私たちは、国内外の法令、この「行動規範」およびそれらの精神を遵守し、公正、公平、透明、簡素を基本として、信頼される味の素グループを目指します。

  • 私たちは、「"食"と"健康"そして、"いのち"のために働く」というグループ理念に根ざした、高い道徳観、倫理観に基づき社会的良識に従って行動します。

  • 私たちは「国連グローバル・コンパクト」を支持します。

詳細はこちら


味の素グループビジョン

私たちは、お客様に役立つ独自の価値を創出し続ける「グローバル健康貢献企業グループ」を目指します。

  1. 世界No.1の調味料事業を中核とするグローバル食品企業グループへ
  2. 世界No.1のアミノ酸技術で人類に貢献するグローバルアミノサイエンス企業グループへ
  3. おいしさと健康を科学する健康創造企業グループへ