味の素グループ 生物多様性に関する考え方と行動指針

2012年1月制定
味の素株式会社

 味の素グループの事業活動は、農、畜、水産資源や遺伝子資源などの自然の恵みに大きく依存しています。これら自然の恵みは、多様な生物とそれらのつながりによって形作られる健やかな生態系やそれを支える生物多様性によって提供されています。したがって、生物多様性は、事業の存続・発展を考える上で最も基本的な要素であり「事業活動の基盤」と言えます。また、人々のいのちと暮らしを支える「地球のいのちの基盤」でもあります。しかし、生物多様性は現在、過去に類を見ない速度で失われており、生物多様性の保全が世界的に喫緊の課題となっています。

 私たち味の素グループは、グループ理念の中に「いのちのために働く」ことを掲げ、人々が平和で豊かに暮らせる持続可能な社会の実現のために事業活動を通じて貢献したい、そして、その社会の中で将来にわたって長く必要とされる企業であり続けたいと願っています。そこで、自らの「事業活動の基盤」であり「地球のいのちの基盤」でもある生物多様性への取り組みをグループの最重要課題の一つと認識して、その保全と持続可能な利用に取り組みます。

 そのために、以下の行動指針を定めます。

生物多様性行動指針

(生物多様性問題への取り組み方)
1.生物多様性に関する問題と、気候変動、水資源の減少、廃棄物処理などの他の環境問題とは相互に密接にかかわり合っており、分けて考えることはできません。この相互の関係性を考慮し、生物多様性の保全や生物資源の持続可能な利用への取り組みと、温室効果ガスの排出抑制や資源の有効活用、廃棄物の削減などの他の環境負荷低減への取り組みとが相互に効果的となるように取り組みます。
2.グループの事業活動と生物多様性との関わり、すなわち、グループの事業活動が生態系や生態系サービスにどのように依存しているか、また、どのような影響を与えているかを把握します。
3.その上で、事業活動の影響のネットポジティブ化*を意識し、事業活動が生物多様性に与える影響を減らし生態系の持つ再生産能力や物質循環能力の範囲内で行われるように改善していくとともに、生態系の回復にも寄与することを目指します。
4.生物多様性に関する国際的な規則や取り決めを遵守します。
(サプライチェーン管理)
5.生態系や生物多様性に配慮して生産された原材料の使用を推進します。
  • 使用する原材料の生産地の状況を把握します。
  • 生態系や生物多様性の破壊にかかわる生産地や供給経路からの調達を避けます。
  • 天然水産資源等の資源量調査や資源管理に貢献します。
6.生態系や生物多様性に配慮した輸送方法の使用を推進します。
  • 外来侵入種問題を認識し、原材料や商品の輸送における不用意な生物の移動に伴って各地の生態系を撹乱しないように、輸送方法の選択に配慮します。
(価値提供)
7.生態系や生物多様性への負担が少なく、人と地球のいのちに貢献する商品・サービスや技術・システムの開発を推進します。
(敷地管理)
8.事業所敷地の環境を地域の生態系や地域社会と調和したものにします。
  • 事業所の果たすべき基本的機能と周囲の生態系の相互向上を目指した、事業所敷地や植生の設計、管理を進めます。
  • 地域における水資源の循環に配慮した取水と排水、水の利用を行います。
(協働)
9.広く社会と協働することで、生物多様性への取り組みを推進します。
  • 味の素グループが行う生物多様性の保全と生物資源の持続可能な利用に関する状況や活動を公表し、社会からの評価を取り組みの改善に活用します。
  • 生物多様性への取り組みをより効果的に展開するために、行政、専門家、NGO、地域社会、他の企業等と協力します。
10.啓発活動などにより、社員はもとより社会各層における生物多様性についての理解促進に貢献します。

* 正味でプラスの影響を与えること。

PDF味の素グループ 生物多様性に関する考え方と行動指針

環境への取り組みトップページへ戻る