味の素グループのエコビジネスモデル

自然の恵みに付加価値をつけて皆様にお届けすることが私たちの事業です。こうした事業を行えば行うほど、豊かで健やかな地球環境と社会の構築に貢献できる。それが次の100年、私たちが目指すエコビジネスモデルです。その礎を築くため、2008年から従来のバリューチェーンの枠組みを超えた、事業・製品のライフサイクル全体で、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいます。

社会とともに:BtoSの視点 豊かで健やかな、持続可能な社会を実現するために。おいしく、楽しく、健やかなエコライフを推進するために。

地球とともに:BtoNの視点 豊かで健やかな、永続可能な地球環境のために。さまざまな地球問題を解決するために。

味の素グループが目指すエコビジネスモデル

味の素グループの事業活動 製品サービス情報提供 低炭素社会の実現 食の持続可能性確保 資源循環型社会の実現 社会・消費者の声・評価 排出・廃棄 生態系・生物多様性の保全 生産者の活動・調達

環境への取り組みトップページへ戻る