スポーツ支援への取り組み スポーツ支援活動を通じて、地域社会やスポーツ界の発展に貢献しています。

味の素スタジアム

味の素スタジアム

味の素スタジアムは、2003年3月に、国内の公共施設として、日本で初めて味の素グループがネーミングライツを取得しました。スタジアムにて開催される地域交流イベント「味の素スタジアム感謝デー」への毎年の参加や、Jリーグ公式戦の一試合を「AJINOMOTO DAY」として協賛するなど、各種の活動を展開しております。

「味の素スタジアム」公式ページはこちら

味の素ナショナルトレーニングセンター

味の素ナショナルトレーニングセンター

味の素ナショナルトレーニングセンターは、2009年5月に、国立のスポーツ施設として、日本で初めて味の素KKがネーミングライツを取得しました。当社の所有する「食」「アミノ酸」の技術やノウハウを用いて、同センターでのオリンピック日本代表選手の国際競技力向上に向けたサポート活動を実施しています。

「味の素ナショナルトレーニングセンター」公式ページはこちら

オリンピック日本選手団のサポート

オリンピック日本選手団のサポート

味の素株式会社は、2002年に「JOCオフィシャルパートナー」となり、2009年5月からは、日本スポーツ界最高位の「JOCゴールドパートナー」として契約を締結して、各オリンピックを通じて、最先端のスポーツサイエンスとアミノ酸コンディショニングによる日本代表選手団へのサポートを実施してきました。
現在は、国立スポーツ施設の味の素ナショナルトレーニングセンターをはじめとして、「食と栄養」面からも総合的なサポートを行っております。
また、2012年7月開催のロンドンオリンピックに向けて、オリンピック日本選手団専用製品の供給、強化資金の提供などを含めた、より包括的な支援を行い、日本代表選手をバックアップしていきます。

ロンドンオリンピック代表「ビクトリープロジェクト」紹介ページはこちら