先端バイオ・ファイン技術を活かしたアミノ酸の生産力、レギュレーション対応力、サービス提供力を強みに、多様で特徴ある素材・原薬・技術を世界中の医薬や化粧品・トイレタリー企業など提供しています。

また、アミノ酸の機能、有用性に対する知見、新規用途探索力を機能性表示食品やアミノ酸サプリメントの開発に応用することで、生活者のQOL向上、快適な生活をサポートしていきます。

医薬用・食品用アミノ酸

事業のはじまり・展開

アミノ酸の利用研究を進める中で、1950年代に必須アミノ酸結晶の製造を開始し、輸液の原料として供給したことから事業をスタートしました。その後病態食への原料供給を開始し、経腸栄養剤などの臨床分野でも事業を展開。80年代に入るとアメリカでの現地生産も始まり、国内外での製造を強化してきました。
80年代には、動物細胞用培地の販売にも着手、日本初の無血清培地の誕生となりました。その後2012年には、韓国のジェネクシン社と合弁会社(味の素ジェネクシン社)を設立し、グローバル顧客への製品開発を進めています。
また2000年代以降、飲料、健康食品・サプリメント用途向けのアミノ酸市場が急速に拡大する中、2017年には米国の医療食品会社であるキャンブルック社を子会社化し、メディカルフード市場にも本格参入を果たしています。

近年の市場変化と対応

近年バイオ医薬品、再生医療分野などの研究が進み、アミノ酸の機能についてはさらに活かされる展開となっています。
その中で2016年には、再生医療で注目を浴びるiPS細胞ES細胞用培地の「StemFit®」を開発しました。更に2017年にはコージンバイオ社と合弁会社を設立し、将来的な成長領域として拡大を図っていきます。

グローバル拠点

関連リンク

製薬カスタムサービス

事業のはじまり・展開

製薬カスタムサービス事業とは、「製薬企業を顧客として、医薬中間体、原薬の製造サービスおよび開発サービスを提供する」事業のことです。
本事業は当社がアミノ酸・核酸の製法開発を通じて獲得した発酵と合成の技術が応用できる分野であり、1980年代にアミノ酸誘導体の受託ビジネスを展開したことにより参入を果たしました。
その後同じく80年代にベルギーのオムニケム社を買収し、欧米の顧客を中心に、医薬中間体、原薬および高活性原薬の製造サービスを実施してきました。

近年の市場変化と対応

近年、バイオ医薬品や新市場である核酸医薬ADC(複合抗体医薬)の将来への成長期待が高まっています。
その中で、2013年にはアメリカのバイオ医薬品の開発・製造受託会社であるアルテア・テ
クノロジー社を買収。当社独自のたんぱく製造技術である「Corynex®」事業とのシナジー創出を図り、今後ADC(複合抗体医薬)の受託製造事業も開始する計画です。
また核酸医薬の分野では、主成分であるオリゴ核酸について当社独自の製造技術である「AJIPHASE®」技術で事業を展開。2016年には日本で有数の核酸医薬品の開発・製造受託会社であるジーンデザイン社を買収し、本分野の強化を図っています。
さらに2018年10月よりグローバルでのサービス供給体制を構築するべく、欧米の事業を統合、新事業名を「Ajinomoto Bio-Pharma Services 」としました。今後、順次日本の事業も統合を図り、継続的な事業成長を実現していきます。 

事業領域

事業拠点

関連リンク

スポーツニュートリション

事業のはじまり・展開

1990年代、アミノ酸事業での競争優位性を維持するため、バルクだけでなくリテールへの展開を決断。健康事業向けにバルク製品を出荷していたこともあり、健康サプリメントに的を絞り、スポーツ選手向け粉状サプリメント「アミノバイタル®プロ」を発売したことで事業に参入しました。その後も、一般の消費者へターゲットを拡大し製品展開を拡大。海外でも展開を進めており、現在では韓国、シンガポール、ロシア、ブラジルなどで販売をしています。
また粉状製品だけではなく、プロテイン製品、ゼリー製品と幅広い製品展開を行っています。

近年の市場変化と対応

スポーツサプリメント市場は、粉製品、プロテイン製品、ゼリー製品のいずれも拡大傾向にあります。当社は「アミノバイタル®プロ」の他にもスポーツ需要に合わせ、粉製品「アミノバイタル®GOLD」、プロテイン製品「アミノバイタル®アミノプロテイン」などの新製品を発売し市場拡大を図っています。さらに、運動中に手軽に摂取できる携帯性に優れたゼリー製品「アミノバイタル® アミノショット®」を発売するなど新オケージョンの開拓にも取り組んでいます。

関連リンク

ダイレクトマーケティング

事業のはじまり・展開

1990年代、アミノ酸事業での競争優位性を維持するため、香粧品市場においてもバルクからリテールへの進出を実現。自社の化粧品ブランド「JINO®」を通信販売ルートに限定し展開することで事業を開始しました。
2005年には健康基盤食品としてアミノ酸の一種グリシンを配合したサプリメント「グリナ®」、2013年にはシニア層の健康寿命伸長に貢献すべく「アミノエール®」を発売。
また2015年には機能性表示食品制度が開始し、主力の「グリナ®」「アミノエール®」に加え、基礎代謝向上サプリメント「カプシEX®」、疲労感を軽減し頭の冴えをサポートするサプリメント「毎朝ヒスチジン®」を発売し、機能性表示食品のラインナップを強化してきました。
2017年からは香粧品・健康基盤食品に加え、第三の柱として自社通信販売チャネルによる食品販売の強化に取り組んでいます。

近年の市場変化と対応

国内の通信販売市場は、健康食品、香粧品市場共に堅調に拡大しています。一方、競争は激化しており、製品の製法やエビデンス等の当社独自のスペシャリティによる差別化を行っています。

関連リンク

香粧品素材

事業のはじまり・展開

1971年、植物由来の発酵法で製造したグルタミン酸ナトリウム(MSG)を出発原料とした湿潤剤「アジデュウ®」を、同じく洗浄剤「アミソフト®」を1972年に発売したことにより事業に参入。以来環境にやさしく、肌にやさしいコンセプトで、化粧品やトイレタリー製品に幅広く使用され、アミノ酸系香粧品素材という新分野を切り開きました。
その後も様々なアミノ酸を出発原料とした香粧品素材を発売し、現在では味の素ヘルシーサプライ社を通じた香粧品のOEM製造も行っています。

近年の市場変化と対応

近年、地球環境にやさしいコンセプトがグローバルで受け入れられ、国内外で販売が順調に拡大しています。
グローバルな供給に関しては、ブラジルでの生産に加え、2014年にはインドネシアでの生産も開始しました。さらなる販売の好調により、2017年、2018年には日本国内でもアミノ酸系洗浄剤の増産を実施しました。

関連リンク