味の素グループの「Ajinomoto Group Shared Value(ASV)」の取り組みにいたるまでの経緯を、以下の項目よりご案内いたします。

 

  • 当社が対外開示した政策等
  • 当社が社会(投資家)と対話した取り組み
  • 当社の社内で検討した或いは取り組んだこと
  • 社内の組織変遷

 

味の素グループは、事業を通じた社会的課題解決に取り組み、社会・地域と共有する価値を創出することで経済価値を向上し、成長につなげてきました。この取り組みをASV(Ajinomoto Group Shared Value)と称し、これを進化させていくことが「確かなグローバル・スペシャリティ・カンパニー」の実現につながると考えています。

Ajinomoto Group Shared Value(ASV)

および

ASVを中核とした統合目標を設定

1999年

・広報部IR部を発足

<社内の取り組み>

IR委員会を設置

IR活動の戦略構築および今後の在り方について検討しました。(1999年~2003年で合計26回開催)

 

2000年

・広報部より財務部へIRグループ移管

2002年

2002-2004三ヵ年計画を発表

2005年

4月

2005-2010中長期経営計画を発表

10月

<社内の取り組み>

IR活動の重要性を経営陣と共有

IR活動の重要性を確認、今後のIR活動について経営トップによる対話充実、投資家視点での情報発信とし等を重視する事を共有しました。

 

11月

<社会との対話>

社長の機関投資家向けスモールミーティング開始

 

2006年

<社会との対話>

経営陣の国内機関投資家訪問・海外IR開始

2010年

<社会との対話>

社長のセルサイドアナリスト向けスモールミーティング開始

2011年

2月

 

2011-2013中期経営計画を発表

当社のグローバル課題である「地球持続性、食資源、健康な生活」の3つの社会課題に、事業を通じて貢献することにより、安定的で持続的な成長を目指すことを発表しました。

<社会との対話>

2011-2013中期経営計画策定時に投資家の意見を経営に反映

中計策定に当たり、「味の素グループに期待する事」を中心に現状の問題点や改善課題等につき、機関投資家のご意見を聴取しました。

<社会との対話>

2011-2013中期経営計画説明会 スモールミーティングを開催

 

2014年

「Ajinomoto Group Shared Value(ASV)」を表明

2月

 

2014-2016中期経営計画を発表

2014-2016 中期経営計画の基本方針として、「ASV」を表明しました。

 

<社会との対話>

2014-2016中期経営計画策定時に投資家の意見を経営に反映

当社の現状の問題点や改善課題等につき、機関投資家のご意見を聴取しました。

 

2017年

2月

 

2017-2019中期経営計画で、ASV価値創造ストーリーおよび
統合目標(財務・非財務目標)を発表

<社会との対話>

2017-2019中期経営計画策定時に投資家の意見を経営に反映

今回は財務目標のみならず、非財務目標についても、機関投資家のご意見を聴取しました。

<社内の取り組み>

2017-2019中期経営計画策定ガイドライン:ASV目標策定を導入

8月

<社会との対話>

個人投資家向け説明会初開催

 

12月

<社会との対話>

個人投資家向けWeb説明会初開催

 

2018年

4月

 

・グローバル・コーポレート本部におけるグローバル財務部IRグループへ組織再編