研究開発の領域

Domains of Solutions 私たち味の素グループは、独自の「先端バイオ・ファイン技術」をコアに立脚し、「コンシューマー食品」と「アミノサイエンス」それぞれの事業領域における研究開発に取り組んでいます。

Consumer Foods

「おいしさ」にかかわるすべてを究め、「世界一の調味料技術」によって新しい「食」の価値をグローバルに提供する。

私たち味の素グループは、食のリーディングカンパニーとして、科学的な視点と新技術・新素材により、「食」に関するあらゆるソリューションを世界中に提供しています。その商品開発は、風味調味料やメニュー用調味料、スープ、冷凍食品、飲料など幅広いカテゴリーにおよび、一般家庭向けから、業務用商品までを網羅しています。さらに、社外との連携を積極的に推進し、味の素グループ独自の技術・ノウハウと融合させた研究開発を展開しています。

AminoScience

世界No.1のアミノ酸メーカーとして、「先端バイオ・ファイン技術」によりあらたな「アミノ酸」の可能性を追求。

味の素グループは、アミノ酸に関する研究開発に長年取り組み、その多様な機能を幅広い事業領域に展開させ、独自の「アミノサイエンス」として拡大してきました。
私たちは、バイオ新素材、動植物栄養、化成品、医薬・医療、健康栄養など多岐にわたる分野において、グローバル市場をリードするソリューションを提供しています。
さらなる価値創造のため、国内外の企業や研究機関とのオープン&リンクイノベーションを推進しています。

これらの領域から生まれたイノベーション

Umami Umami
AjiPro®-L AjiPro®-L
鍋キューブ® 鍋キューブ®
アミノインデックス® アミノインデックス®
ABFフィルムF ABFフィルム