バイオ・ファイン研究所

バイオ・ファイン研究所 世界をリードする先端バイオ・ファイン技術

お客様とともに、「先端バイオ・ファイン技術」で
新しい価値を創造する

ビジョン

私たちバイオ・ファイン研究所は、味の素グループの強みである「先端バイオ・ファイン技術」と革新的な人材により、 「顧客起点」と「スペシャリティ化」の取り組みで、新しい価値(お客様価値)を継続的に創造し、世界中の人々の「Eat Well, Live Well.」に貢献します。


バイオ・ファイン研究所は、「先端バイオ・ファイン技術」で、アミノサイエンス事業をはじめ、味の素グループ全体の事業を支えています。
アミノ酸、アミノ酸誘導体、核酸、およびその関連物質などの生産研究、利用開発や新素材の探索、製造および用途開拓に関わる研究・開発・工業化までを一貫して担っています。ここで得られた素材や技術を多様な事業領域へ応用するための取り組みも行っています。

バイオ・ファイン研究所の取り組み

世界をリードする独自の技術で、
お客様のニーズに向き合う

私たちは、食品添加用のMSG、核酸をはじめ、医薬・飼料用アミノ酸、高機能調味料、高甘味度甘味料、医薬品(原薬、中間体、製剤)、先端医薬関連素材(オリゴ核酸、ペプチド、タンパク質、細胞用培地)、香粧品、電子材料まで、付加価値の高い素材やリテイル商品を創出するとともに、次世代の市場に向けたソリューションを提供しています。

微生物や酵素の力を活用する「バイオ・テクノロジー」、種々の原料から有用物質を生産する「ファイン・ケミカル」、栄養・生理機能などを評価し、利用法を開発する「機能性評価技術」は、私たちの課題解決力の基盤であり、高品質な素材やその生産プロセスの開発、多面的な評価・検討を可能にしています。

世界をリードする独自の技術で、お客様のニーズに向き合う

事業軸×技術軸をカバーする国内組織とグローバルネットワーク

日本国内ネットワーク

バイオ・ファイン研究所は、事業領域軸で研究・開発・工業化・TSをワンストップで行う、「素材・用途開発研究所」と、技術機能軸として菌株育種、発酵プロセス、単離・精製プロセス、タンパク質化学、工業化、エンジニアリングなどのコア技術を深く掘り下げるとともに、その周辺技術の拡大を行う、「プロセス開発研究所」で編成されています。また、私たちバイオ・ファイン研究所では、これら自らが保有するコア技術とお客様のニーズをつなげ、お客様とともにあらたな価値を創造することにも取り組んでいます。

グローバルな連携ネットワーク

味の素グループのグローバルな競争力は、世界各地に広がる連携ネットワークにも支えられています。とくに、研究開発グループ会社であるロシアの味の素-ジェネチカ・リサーチ・インスティチュート社とは、互いに連携しながら、アミノ酸生産菌の育種を進めています。また、これらの生産菌を味の素グループの発酵工場で使用するための生産プロセスも、各国の生産技術開発センターと連携してバイオ・ファイン研究所が中心となって開発しています。
また、医薬品等の素材受託製造事業を担う味の素オムニケム社(ベルギー)、味の素バイオ・ファーマ社(米国)、電子材料を中心とした化成品関連の製造事業を担う味の素ファインテクノ社など国内外のグループ会社とも密接に連携を進め、世界中のお客様に向けて、ユニークな価値の提供に取り組んでいます。


バイオ・ファイン分野における 主なグローバルR&D拠点

アクセス

味の素(株)バイオ・ファイン研究所

〒210-8681 神奈川県川崎市川崎区鈴木町1番1号

最寄り駅
JR「川崎駅」または京浜急行「京急川崎駅」より
京浜急行大師線乗り換え
2駅目「鈴木町駅」下車(徒歩0分)

Recommended Links

オープンイノベーション オープンイノベーション
研究開発の領域 研究開発の領域
RECRUITING INFORMATION 採用情報 RECRUITING INFORMATION
採用情報